2012年10月12日

無駄無駄無駄無駄ァ!

今日は脳が疲れました。なので、思いつきをダラダラと。


処理する情報量が多いと、本当にオーバーフローになりますね。今日は仕事でミスを連発してしまったのですが、自分でもタスクを抱えすぎていたために起こったと思っています。
適度に外部へと逃がしていかないと、すぐにメールで電話で予期もしない仕事が舞い込んできてしまいます。

現代社会は、一人が処理するべき量が加速度的に増えている社会であると考えています。それをどうにか処理するために長時間労働をしますが、それを繰り返す度に、その仕事量が当然になってしまいさらに新しい仕事が舞い込んでくるという悪循環。それを乗り越えるために「ライフハック術」やら「ノマドワーキング」やらで対応するようになっても同じことでしょう。

一方では、仕事がない、働き口がない、と喘ぐ社会でもあります。仕事がないので雇ってもらえない、雇ってもらえないから職歴がない、職歴がないから雇ってもらえない、という悪循環。

こういった「働いて死ぬか、働かずに死ぬか」という選択肢の惨さに涙が止まりません。
もちろん、社会にはホワイト企業も多くあるのですが、なかなかそれが当然にならないというのもわかります。
経営者側としては、高い人件費を削減できるもの、として考えたくもなるでしょう。めぐりめぐって、社会全体の消費が冷え込むことはわかっていても、個々の戦局では人件費を「節約」した方が得だからです。

こういった社会をよくするためには、資本主義のこの世では、お金を動かすしかありません。経済が動けば、お金が色々な人に行き渡り、お金が渡ればまた次の人へ周り……という形で動くからです。全員がいっせーのせ、でお金を使えば経済がよくなることはわかっているのですが、修学旅行で好きな女子の名前を言う行為よろしく「……んだよ、おまえ言えよ!」状態になることは必至でしょう。

……つまり、率先して経済を動かしていかなくてはならないのだろうと思います。
ほんの少しだけでもいいでしょう。多くの力が積み重なれば、いつか世界を変える力へとなっていくでしょう。
この無駄遣いが明日を変えることを信じて……!(牧田翠先生の次回作にご期待ください)

そんなこんなで、無駄遣いするための言い訳を延々としていました。
またあした。
posted by 牧田 翠 at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

男性に依存するようなオナニーをしない女性キャラとしての「ビアンカ北町」

筒井康隆作のラノベ「ビアンカオーバースタディ」を読みました。
あとがきにも書いていますが、これはメタラノベだな、と思いました。




読み方は色々とあるのですが、この物語のヒロインたる「ビアンカ北町」の特殊性を中心に考えてみます。
このヒロイン、魅力的ではあるのですが、いわゆる萌えキャラかというと、そうではないと感じています。なぜかというと、このヒロイン、オナニーしそうにもないので。


続きを読む
posted by 牧田 翠 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エロ思考が楽しい

またもやエロとか萌えとかについてちょっと考えています。
なぜかというと、今日、「ビアンカ・オーバースタディ」を読み始めたからなのですが。




メタラノベとしても楽しめる、という形で宣伝されていましたが、まさにそれがふさわしい読み方でしょうね。
ラノベのフォーマットを換骨奪胎し、筒井作品のSF性&エロを混ぜて、結果的に良い意味でラノベの面白さを殺せている作品です。いや、これは参った。

詳しい感想はもう少し読み込んでから出したいと思います。
またあした。
posted by 牧田 翠 at 02:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

絆〜Nexus7〜

7インチタブレット、Nexus7を買ってみました。
使途は……実は何も考えずに買っています。

新しいもの好きなので、色々と試してみたいというのが半分。iOSだけでなくAndroidも触れてみたいと思っていたからです。
あとの半分は、持ち歩けるタブレットを探していたからです。初代iPadも持っているのですが、喫茶店で広げるならまだしも、電車の中で広げるには少し大きいのです。

噂されているiPad miniまで待つというのも考えたのですが、一台くらいAndroidを持って違う世界を見てみたいと思ったのです。具体的にはAndroid用のエロゲとか。

実はまだ、エロゲをダウンロードできていないのですが、それでも面白いタブレットですね。iPadと同じくらいサクサクと動きます。私がiPhone&iPadを選んだ最大の理由が動きに対するストレスのなさだったのですが、Nexus7もいいですね。
友人や同僚のAndroidスマホを触らせてもらったときとは違う感触で、とても気持ちがいいです。

これがグーグルの本気なんだな、と思わせる納得の出来です。
グーグルアプリだけが入ったシンプルな構成で、使いやすいです。Gmailでメールを管理して、GoogleDriveでファイルを管理して……と、これだけで完結できるのではないかと錯覚させてくれる力を持っているタブレットだと思いました。
文字入力にもGoogle日本語入力を入れて、Google最高だぜ!という感じで遊んでいます。

まぁ、この文章はポメラで打ったけどな!(まさにポメラニアン)
またあした。
posted by 牧田 翠 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

アリバイ工作

本日の更新はアリバイ工作です。
とりあえず毎日更新しようということで続けていますが、一日仕事をしているとなかなかネタが出てこないというのも真実。
まだニチアサも見られていないというていたらく。

特撮系のアレとかプリキュア系のコレとか、構想だけはあったのですが、なかなか難しいです。

「時間は作るものだ」という言い方をする人がいます。
スキマ時間は必ずあるのだから、その時間を使って何かをすればいいのだと。
確かに、まったく時間がないかというとそうではないのですが、家事をやったり、食事をしたり、のんびりコーヒーを飲んだり、肉体的精神的な再生産のためのコストは必要だと思っています。

その中で、どう優先順位をつけて行動していくか、というところに力点を置くべきなのでしょう。
例えば、この春に受験をする受験生に向けて、「スキマ時間を使って漢字やら英単語の勉強をするんだ!」というのは優先度の高いことであり、実行に移すことが予想できます。
対して、受験も何も関係ない人にとって、確かに漢字や英単語を自在に使いこなせるというのは書けないよりはいい、という程度のものとなると予想できますので、なかなか実行に移せないと言うことも同時に予想できます。

そういった意味では、どれだけ優先度が高いかをしっかり考えて行動しなければならないのだろうな、などと考えました。
またあした。

posted by 牧田 翠 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

ひとのきもちになってかんがえましょう

今回は他人の立場になって考えることの難しさと、それでも立場を想像し続けなければならない、というお話です。

続きを読む
posted by 牧田 翠 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月06日

カンゼンシュンギク

最近、この更新をするために、BluetoothのキーボードとiPadを持ち歩いています。
どんな場所でも入力できる、そう、iOSならね。と言いたいところですが、今日気がついたら、キーボードのボタンが一つ取れていました。
右のAltキーで、まぁなくなっても問題ないパーツなのですが、見た瞬間に思ったことは「ああ、買い換えかな」。買ってから一年程度で、買ったばかり、という程でもないですが、かといって仕事に使っているわけでもなく、使いきった!とは言えない程度です。

この買い直したいと思う心理はおそらく「完全なものでないと意味がない」という幻想なのでしょう。
まだキーボードの問題なのでお金で解決できることではあるのですが、この完全主義という思考パターンは、思考を停止してくれると改めて実感しました。
思考停止してしまえば、精神的エネルギーを使わないので楽なのですが、変化していく社会に対して柔軟な対応がとることができず、困った事態に陥ってしまうと私は考えています。

完全主義の思考停止パターンは「揃ってないなら価値はない!」とか「全作品を読んでないとファンとは言えない!」とか「完全に安全でなければ安全とは言えない!」とか「100%でなければ価値がない!」とか、あらゆるところに存在しうると思っています。こういった思考停止パターンは、誰にでも存在していると思っていますが、自分もそういった思考パターンにとらわれているなぁ、と実感した次第です。

とりあえず、キーボードは継続して使いつつ、職場で使ってしまっているポメラさんを引き上げてくるかなぁ、などと考えつつ。
またあした。


posted by 牧田 翠 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

壊れるほど集計しても伝わらない純情な感情

オスプレイの話題が報道されていますね。
個人的には、賛成……というか容認しています。ただ、首都圏に住んでいると事故に巻き込まれる可能性が限りなく低いというのもあり、当事者性がないので、積極的に賛成は言い切れない立場だと思っています。
ただ、これらの一連の報道で気になったのが、事故に関するデータの部分です。

反対派は「ほら、こんなに事故が起きているんです!」と言い、賛成・容認の立場の人は「これだけ安全ですよ?」と主張しています。
私自身、データの正しい/正しくないについては、航空機や軍事に関する予備知識がないので統計的にこうだ!という話はできません。ただ考えておきたいのは、立場によってデータが変わっていることです。

自分の首を絞めるようですが、データというものは恣意的なものです。恣意的に集め、恣意的に分析し、恣意的に提示します。
たとえば「あさがおのかんさつ日記」というデータの提出を求められたら、ほぼ全員が「きちんと咲いたデータ」を提出するでしょう。枯らしてしまったデータが好ましくない、という前提が共有されていて、そうしたデータは「恣意的に」外されるでしょう。

データ収集には必ずこうした歪みが生じます。例えば拙作の統計同人についても、「なんでこの間はアニメなのに今回はラノベなんだ!アニメをやらないということは、何か不都合があるんだ!陰謀があるに違いない!」と言われたら否定できずに「ククク・・・よくぞ気づいたな」と言うことしかできません。

では、この歪みを生じさせるものがなんなのかと考えると…それは感情、ということに他ならないと思います。「あさがおのかんさつ日記」なら先生に怒られたくないから綺麗に咲いた、というデータを提出するでしょうし、私の統計同人なら個人的にこっちの題材の方が面白そうだから、という感情が前提になっています。


そう考えると、オスプレイ問題も根っこは感情の問題なのだなと思います。
反対派が「落ちろ」と言った話がTwitterで流れてきたり、凧揚げをしたという話がニュースになっていたりしますが、それは不安からくるのだと理解できます(理解はできますが、凧揚げみたいな危険行為の容認はできませんが)。

だから、考えるべきは感情的な説得であり、データだけを示せば人間が魔法みたいに心を入れ替えるなんていうことは、それこそ絵空事だと思っています。統計屋が言ってしまうのもおかしいですが、だからこそ、データ以外の部分に力を入れて、データ的な面から論理的に、また同時に感情的に意見を述べていかないといけないのだと思っています。
そういった意味で、オスプレイ問題については、反対派はデータを持ち出さずに「不安なんだ」と訴える強さを、賛成派も説き伏せようとするのではなく、共感するようにしていけばいいのではないかな、と思います。

難しいからこそ、挑戦しがいのあることだと思います。
データ屋として、統計屋として、こういった部分には気を遣っていきたいです。

そんなこんなで。
またあした。
posted by 牧田 翠 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

ゲームと饅頭こわい

さっそくショート更新です。
理由は最近始めたオンラインゲーム「PSO2」。
控えめに言ってもハマってます。
何が面白いのかと考えたのですが、やはり序盤の楽しさですね。まだ全貌がわかっていない状態で、探索しつつキャラを強くしていく、という段階が面白いです。

しかし、まだ先があると信じられる状況だから楽しいのでしょう。これが慣れてきて、ある程度ゲームの仕組みが見える状況になると、効率的な狩場探しなど、そういった方向へ流れていく気がします。

この序盤が楽しいという感覚は、ヌードグラビアで興奮できる中学生的な感覚に近いと思います。
そう考えると、慣れって怖いと思いました。

…慣れとエロについては、また時間がある時に考えたいと思います。
またあした。
posted by 牧田 翠 at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

楽しい言語化習慣

最近、日々言葉を積み重ねる習慣がある人は強いなぁ、などと実感しています。
継続は力、のことわざをあげるまでもなく、他のブログ書きさんで毎日更新している方々の説得力は高いと感じています。l
語彙、言葉の選択、主語述語の一致、修飾関係のわかりやすさ……
仕事をしている中でも、強い言葉を引きだしていける人というのは、習慣的に文章を書き、言葉を貯めている人だったりして、そういったところでも実感しています。

同人屋として、文章系同人を書いている以上、もっと自分もわかりやすい文章、伝わる文章を書かねば!と思って一念発起。久しぶりにブログ更新を頑張ってみようと思いました。

そのきっかけとなったのが、一冊の本です。
30日で人生を変える 「続ける」習慣



習慣化について書かれた本で、続けることの重要さ、習慣化によって得られるものについてが書かれています。人生を変える、とは大きく出ていますが、継続するための方法が載っていて、とても面白いです。
実際に、この本を買ってから早起きの習慣を作ろうと続けているのですが、なかなかいい感じに進められています。人が挫折するメカニズムなんかがわかりやすくて「めんどくさい」「飽きてくる」などに対処できるような方法が事例とともに載っています。

この本で一番関心したところは「とにかく続けてみる」ことに力点を置いていることです。
習慣化が完了して、「それをやらないと落ち着かない」という状態にするためには、1〜3ヶ月かかるらしいのですが、その間、何があっても続ける、ということが必要だと説いています。
「ベビーステップ」…赤ちゃんでもクリアできいるくらい簡単なことから始めるべきだ、と表現されています。例えば私の状況なら「一日一文だけども更新する」ことを最初の目標にしました。運動の習慣なら腹筋運動一回とか、禁煙なら一日十本吸っていたところを一日九本にしてみるとか、そういった簡単なところから始めて、無理をしないことが重要だそうです。
最初から無理な設定をすると、出来なかった日に完璧主義さんが顔を出して「できないんだから、無理してちょっとだけやるくらいならやめた方がいい」などと囁いてきます。それでそのままズルズルと怠けてしまう、などという三日坊主のテンプレートのような展開がまっています。
そんな囁きに屈しないために、最初はごくごく小さなステップを設定します。「確実にクリアした」という成功経験を貯めていくことで、脳を喜ばせてあげるわけですね。
そういった意味で、非常に科学的に継続の仕組みを形成していける感じがして、面白いと思っています。


だから、今回の更新の要旨……言いたいことは「しばらくは適当な更新もあるから許してね」という言い訳です。
またあした。
posted by 牧田 翠 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

更新しよう宣言

お久しぶりです。
ここ数年、同人イベント告知ブログと化していましたが、とりあえず、しばらく毎日更新を目指してみます。
日々思いついた事を言語化して行くことをしないと、思考が衰えていくなぁ、と思った次第です。
何を書くか、詳細は決めていませんが、とりあえず一ヶ月は言語化の習慣付のために毎日更新を目指して、それ以降はそれ以降で適当に考えて見ます。

とりあえず宣言だけしつつ。
posted by 牧田 翠 at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

【2011】ゆく年→くる年【2012】

明けましたね。
今年も平常運転です。


さて、先日コミケに来場下さった方、ありがとうございました。

今回、いつも表紙を描いて下さっている塩野まきさんが売り子として来場して下さったのですが、サプライズで年賀ハガキのサプライズ!しかもホンモノの官製ハガキという、無駄豪華な特典がついていました。
なんの告知もなかったので、たぶんホントにただの「プレゼント」でしたけど!
いちおう、それを少し改変した絵をもちまして新年の挨拶とさせていただきます。

tokutennhagaki02.jpg


とりあえず今年の予定としては
1月・「アニメエロ統計」のDL版販売開始
5月・コミティア100→「エロマンガ統計スーパー総集編」
8月・夏コミ→(仕事の関係で参加できるか不明。できたら「ラノベ統計」)
8月・コミティア101→「ラノベ統計(仮)」
12月・冬コミ→未定

……という感じで考えております。
あとは文学フリマや秋コミティアは日程が合えば参加したいなぁ、と考えている所存です。

こうして統計屋として活動してなんだかんだで5年。色々な方から反応をいただけるようになっていたり、つながりが増えてきているのはよろこばしい限りです。
もうコミケの快感を、同人屋としての快感を捨てきることは難しいと思っているので、この調子で続けて参ります。


個人的な目標としては、統計ソフト「R」の習熟ですね。
分析手法の多彩さとコストパフォーマンスを考えると、そろそろ手を出さないといけないと感じて、これからしばらく修行をしようと考えています。


のらりくらりと活動して参りますので、これからもよろしくお願いします。
posted by 牧田 翠 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

Digiket.comで統計Rの販売開始です。

http://www.digiket.com/work/show/_data/ID=ITM0056971/

Digiket.comでもダウンロード販売を始めたらしいです。
とりあえずRから。後日、Sも販売予定です。

もしよろしければそちらもどうぞー。
posted by 牧田 翠 at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

エロマンガ統計S DL販売始めました



これで通販とかに頼らずとも買えるね!
……ということでよろしければどうぞ。



Rの方もどうぞ。


ちなみにわかりにくいと散々言われているRとSの違いですが、RはRelationship、キャラクターの関係性に主眼を置き、SはStory、ストーリーの流れの中での描写に重きを置いています。


両方とも「体験版」では、かなりの分量(全ページの半分ぐらい)が見られますので、ぜひそちらもご参照ください。
※あと、これ以前の既刊……特に絶版になっているエロゲ統計などについては、今後「総集編」という形で出させていただく予定です。
posted by 牧田 翠 at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

C80お疲れ様でした

夏コミお疲れ様でした。
……まだ冬コミの申し込み終わってないから安心できないけどな!

さてさて。
いつもながら常連さんたちが何も言わずに新刊を買っていってくださるのが嬉しかったです。

……配置的に新刊わかりにくくてすいませんでした!

今回は今まで以上にディスプレイには気をつけたつもりでしたが……まだまだでした。
既刊も増えてきたため、スペース的にキツイというのも正直なところ。

……そろそろ本気で「総集編」を考えているところです。早ければ今冬、遅くとも来夏には出したいです。
まぁやるとしても初代の本とか今見ると構成が恥ずかしいので、データだけ活かして再編集したスペシャルエディション、という形になりそうなのですが。

それと平行して、現在考えている新刊はタイトルと表紙のデザインだけ頭の中で決まっています。
題して「アニメエロ統計 アニメーロ」。もちろん、デザインはこんな感じのつもりです。

映像作品は色々と避けていたのですが、ちょっと色々な事情があって挑戦してみようかな、というのがあります。


あとは……やはりエロさを定量化していく作業ですね。
もう一度、数学から学びなおして、定量化の道を探っていかないと、そろそろ分析方法もマンネリ化していて、今後が難しそうです、


とりあえず8/21のコミティアに今回のエロマンガ統計Sと、ついでにできたらコピー本なりを1冊くらい持って行こうと考えています。
コピー本の内容? 今から考えるに決まってんだろ!


……生き残ります。
posted by 牧田 翠 at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。