当ページの閲覧は自己責任でお願いします。

2005年11月12日

ウルトラマンマックスEpisode.19「扉 〜ゲート〜」

原題「扉より来たる者」

……なんかEpi.20が始まる直前だか気にしない方向で。

時間がアレなんで、一言感想です。

正直言って、詰め込みすぎな気がしました。
ウルトラアイでスパークするなら、そっちメインで書けば言いと思うし……欲張りすぎた?

いや、ターラ星人の悲哀とかをもっと描いて欲しかったのです。
なんで彼らがM78を恨むのか、とかいまいち伝わってこなかったし、今回は特に問題も解決していないし。

というか、そもそも、あの装置、マックスがカイト隊員に憑依していないと作動しないという、なんとも気の長い話です。

天文学的な確率過ぎるよ、ターラ星人さん。


あとは、エリーアクティブモードは、つまりへそですね。Yahooooooooooooooooooooooooo!!


それと、ミズキ隊員とカイト隊員は、もう恋仲という設定でファイナルアンサーですかね?
ナチュラルに恋人過ぎます。



posted by 牧田 翠 at 01:13| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(2) | 感想:ウルトラマンマックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回のは、深く考えてはいけない話なんでしょう。
てっきり森次さんは悪役だと信じきっていたので、
最後まで、途中で高笑いして「とうとう引っか
かったなDASHとウルトラマンマックス」と叫ぶのか
と思っていたら違っていた、、、。

まあマックスは1話完結だから、監督によっては
ミズキとカイトの恋仲度が高くなるんでしょう。
個人的にはカイト隊員には、前作の孤門隊員ほどに
は感情移入できない存在であり、どうなろうと
気にもならない(世界観も「安定」を基本として
いるので変な方向にいかない)ので、絵的に2人
並んでいたほうが微笑ましいと思う。

しかし、怪獣の人気投票で制作を続けていくと、
もうウルトラも先が無いかも。
ここのところ、前作がいかに異様であったか
つくづく思い出します。
Posted by わんこ at 2005年11月12日 08:21
わんこさん毎度です。

>>マックスは1話完結だから、監督によっては
ミズキとカイトの恋仲度が高くなるんでしょう

その毎回の"ぶれ"がたまに気になりますけどね。
一話完結とはいえ、キャラは一貫していてほしいです。


>>ここのところ、前作がいかに異様であったか
つくづく思い出します。

ですね〜
異様で良かったです。マックスとは全然違う方向でしたね。

Posted by 翠 at 2005年11月12日 08:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

??????????????潟??????泣?? NEXUSEED
Excerpt:
Weblog: 腱????莇e?割??????
Tracked: 2005-11-12 03:52

♪カ〜バン パンパン、カバン パンパン!
Excerpt: ※タイトルの元ネタはマイナスターズの「心配性」という歌です。 そりゃさぁ〜、ダンとハヤタの共演とか、ミズキの黒タンク大放出とか、エリーのアクティブモードとか大変盛り沢山なのは良いけど、 そ..
Weblog: nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ!
Tracked: 2005-11-12 18:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。