当ページの閲覧は自己責任でお願いします。

2007年12月19日

マンガエロ統計 Limited Edition

冬コミ本「マンガエロ統計」のちょっとだけお試し版です。
12月31日・月曜日西や-33aにて頒布です。

まずは、前作、エロマンガ統計のまとめグラフ。

mest-le1.jpg



これを見ると

1.女性の裸体率が高く、男性の裸体率が比較的低い=男の身体は見る価値が無い・見たくないものである
2.恋愛描写と暴力描写が同じくらいの割合で出ている


以上のことが、わかります。


--------------------
それを踏まえて、マンガエロ統計です。

mest-le2.jpg


まず最初に言えることは、「エロマンガに比べてテーマが多岐にわたっていて、統一された傾向はあまりない」と言えそうです。
ぶっちゃけ、ToLOVEるとクッキングパパとケロロ軍曹とゴルゴ13の間に、完全に統一されたベクトルがあるかと問われれば、たぶんそれはないので、今回はなんとなく『傾向』を見出すための作業です。
エロマンガ統計よりも、全体的に感度を上げるために、下着描写もカウントしました。
別名・ぱんつカウンターです。

全体的に、やはり女性の身体は「サービスシーン」のように、描かれることが多く、そして男性同士の戦闘(格闘技なども含む)も多いことから、
「男は戦い、女は裸」
という役割分担が行われていることが想像できます。





で、いきなりですけど、多変量解析・数量化3類(←とにかくたさんのデータを一気に調べる方法)の結果を。
見方としては『グラフ上で近くにあるカテゴリー同士は似てる』ということです。
『近くにあるカテゴリーは、同じ作品で出てきやすい』と言い換えても可。


mest-le3.jpg


予想通りと言うか、「描写なし」が一箇所に集まって見にくいことこの上ないですが。
全体的な傾向として

1.暴力のベクトルと、恋愛のベクトルがあり、それが重なる方向に『性的な行為』がある
2.裸体の描写や身体接触は、性行為に向かうベクトルがある


という所でしょうか。
「性行為は女性に対する暴力である」という言い回しをする人がいますけど、まさしくそんな雰囲気になっています。


--------------------

そして、多変量解析・クラスター分析の結果です。
見方は「トーナメントで早いうちから戦う=似てる、決勝近くにならないと戦わない=似てない」という感じです。

mest-le4.jpg



このトーナメント表(専門的にはデンドログラム)は、だいたい、4つのブロックに分けられそうです。

「恋愛ブロック」
「男の暴力を含む普通のマンガブロック」
「女性の暴力ブロック」
「性的行為ブロック」


と分けられそうです。
エロ関係の描写を中心に分けると、男性向けのマンガはその4つのグループに大別できそうですね。

--------------------

と、かなり駆け足で見てきました「マンガエロ統計」
これが今回の概観です。

……実は、これで統計的に「オイシイ所」は、ほとんど載せてしまったのはナイショです。
あとはいくつか、細かい統計が載っていたり、変な遊びページを作ってみたり……それくらいです。

よろしければ、見に来てあげてください。
とりあえず、エロい表紙目的で手にとって、中のグラフてんこもりに失笑してください。
posted by 牧田 翠 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | エロマンガ統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73662252

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。