当ページの閲覧は自己責任でお願いします。

2007年04月22日

「スカルマン 闇の序章」 感想

※スカルマン関連のリンクが「Next Hibiki Project」で作成されました。そちらもご覧ください

アニメ「スカルマン」の特別先行版として、特撮が放送されましたが……


なにこの予算のかけ方は

ほぼ全編通して、背景がフルCG+戦闘シーンもほぼCGで……映像の作り方としては「CASSHERN」の雰囲気です。

そういう既視感も含めて、物凄く映画のような作品でした。
このまま、映画として作られていてもおかしくない感じ。

深夜でこのクオリティって……どれだけ金をかけているんだと。
しかも一回きりのスペシャル番組に……なんかフジテレビの意地を見ました

ところで、「フジテレビの"特撮"が『メガロマン』以来の28年ぶり」と宣伝されていました。(「ミラーマン」や「ザボーガー」もフジらしいです)
……ついこの前にやっていた西遊記は特撮じゃないんですかそうですか。


--------------------

話の内容としては……いい意味で中途半端です。

謎が謎を呼ぶ展開で、ハッキリ言って何も明らかになりません。
それこそ、映画の序盤30分だけを見せられた感じ。

謎の多い設定でハッキリ言って、フジテレビのサイトにある「あらすじ」が全てと行って過言ではありません。


謎の多い設定……ホントにプロモーションが上手いというか、これを見させられた後だと、アニメ版が気になって仕方ないです。

「スカルマン」がどんな存在なのか、正体は誰なのか……


気になって仕方ないです。
この商売上手め(褒め言葉)


アニメ版も期待大です。


--------------------
そして……演者に関して。

鈴木亜美さんは……まぁ、うん。
でも「うわダメじゃん」とは感じませんでした。
それ以上とは言いませんが、マイナスでもないかと思います。


そして細川茂樹さん……やっぱいいですね
前の情報だと『変身する』と聞いてわくわくしていたのですが、明確な変身シーンはなく、それどころかスカルマンの正体が明確に判断できるシーンもないため、今のところ、石ノ森ヒーロー×2とはならなさそうです。(それとなくほのめかすシーンはありますが)

細川さんは、演技の「太さ」がありますね。
響鬼のときとはまた違った"大人の魅力"に溢れています。

願わくば、もっと派手な立ち回りとかして欲しかったのですが……30分番組の最初のスペシャル編ではそれも難しいみたいですね……
ちょっと寂しいです。

今回のスペシャルが好評で、劇場版とか作られないかなぁ……と、ちょっぴり夢想してみました。
その時はぜひ、細川さんが颯爽と活躍するシーンをお願いします!

--------------------

ということで、「第一話」としてみれば、かなり成功だったと思います。
次回以降のアニメ版にも期待しつつ……




posted by 牧田 翠 at 02:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 特撮感想雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スカルマン
Excerpt: スカルマン『スカルマン』は、石ノ森章太郎|石森章太郎(石ノ森章太郎)の漫画作品、またそれに登場する架空のヒーロー。及び、これを原典として製作された複数の作品。作品概..
Weblog: さらの記録
Tracked: 2007-07-24 05:53
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。