当ページの閲覧は自己責任でお願いします。

2012年11月22日

ヱヴァヱヴァQ

ヱヴァQ見てきました。
ネタバレしない覚悟ですが、念のため回避したい人は回避してください。

なんというか……物語的に構築と破壊をしているなぁ、という印象でした。

この物語の感覚は、テレビ版終盤から「シト新生」を経由して「まごころを、君に」までの空白期間を見事に再現できているなぁ、という印象です。

そういった意味で、すごくエヴァンゲリオン(あえてこの表記)らしい映画だったと思います。
あの当時の空気感とか、そういったものも再現されていたり、周囲でも謎解きトークに花が咲いていたり。

色々と言いたいこともあるのですが、まぁ年が変わりそうな頃にまたぽろりとこぼしたりします。

さぁーて、この次もサービスサービスぅ!
posted by 牧田 翠 at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。