当ページの閲覧は自己責任でお願いします。

2012年10月12日

無駄無駄無駄無駄ァ!

今日は脳が疲れました。なので、思いつきをダラダラと。


処理する情報量が多いと、本当にオーバーフローになりますね。今日は仕事でミスを連発してしまったのですが、自分でもタスクを抱えすぎていたために起こったと思っています。
適度に外部へと逃がしていかないと、すぐにメールで電話で予期もしない仕事が舞い込んできてしまいます。

現代社会は、一人が処理するべき量が加速度的に増えている社会であると考えています。それをどうにか処理するために長時間労働をしますが、それを繰り返す度に、その仕事量が当然になってしまいさらに新しい仕事が舞い込んでくるという悪循環。それを乗り越えるために「ライフハック術」やら「ノマドワーキング」やらで対応するようになっても同じことでしょう。

一方では、仕事がない、働き口がない、と喘ぐ社会でもあります。仕事がないので雇ってもらえない、雇ってもらえないから職歴がない、職歴がないから雇ってもらえない、という悪循環。

こういった「働いて死ぬか、働かずに死ぬか」という選択肢の惨さに涙が止まりません。
もちろん、社会にはホワイト企業も多くあるのですが、なかなかそれが当然にならないというのもわかります。
経営者側としては、高い人件費を削減できるもの、として考えたくもなるでしょう。めぐりめぐって、社会全体の消費が冷え込むことはわかっていても、個々の戦局では人件費を「節約」した方が得だからです。

こういった社会をよくするためには、資本主義のこの世では、お金を動かすしかありません。経済が動けば、お金が色々な人に行き渡り、お金が渡ればまた次の人へ周り……という形で動くからです。全員がいっせーのせ、でお金を使えば経済がよくなることはわかっているのですが、修学旅行で好きな女子の名前を言う行為よろしく「……んだよ、おまえ言えよ!」状態になることは必至でしょう。

……つまり、率先して経済を動かしていかなくてはならないのだろうと思います。
ほんの少しだけでもいいでしょう。多くの力が積み重なれば、いつか世界を変える力へとなっていくでしょう。
この無駄遣いが明日を変えることを信じて……!(牧田翠先生の次回作にご期待ください)

そんなこんなで、無駄遣いするための言い訳を延々としていました。
またあした。
posted by 牧田 翠 at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/297002292

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。