当ページの閲覧は自己責任でお願いします。

2011年05月08日

ゾッとする中二武器を考えるオレ

こんぷれいんつ・ぶろぐ様の「アニメも原作も嗜んでおりません」という記事より。


七天罰討(しちてんばっとう)


天国において最高位の神々が住まうとされる第七天国(セブンスヘブン)で造られたとされる神の加護を受けた刀。

「悪」の概念その物と相対し天罰を与える為に造られた武器で、悪魔やそれに憑りつかれた者等は触れるだけで立ち所に焼け爛れてしまう。

現在、八振り存在すると言われその一つ一つが七つの大罪に対抗する位置にあるとされるが、余った最後の八振り目が一体何の為に作られたのかは不明であり、またその所在も明らかではない。


なんて素敵な中二力……!
ということで、中二武器を必死に考えてみました。

さて、まずは中二武器の条件を考えてみましょう。
普通の武器ではなく、中二武器の条件は

・自分が本気でカッコイイと思っているモノ
・『世界』の広がりを感じさせるモノ
・読んだ相手に思わず「ぼくのかんがえたぶき」を考えさせるモノ

これが必須でしょう。つまり、受けを狙って「漢字いっぱい使って『黒翼堕天使剣』とか書けば中二っぽくねwww」とかやってしまうのは真の中二武器とは言えないでしょう。そこに愛がなければ、それは真の中二力が発揮できないと信じています。

また、自分の中で『世界』がハッキリと決まっていないといけません。
「何でも切れる剣」を考えても、ただの小四武器です。
中二の中二たる由縁は、そこに理屈や使用条件、反動などを設定し、世界観を構築することにあります。
つまり「何でも切れる剣」ではなく、「触れた物体と共振を起こし、自壊させる刃。全ての物には固有振動数があり、自然界にある物質ならば全て崩壊させることができる剣」と、効果や限定範囲を設定しなくてはならないでしょう。

さらに、自分のオリジナルを考えさせるモノは優秀な中二力を持っているでしょう。
「ぼくのかんがえた13ライダー」とか、「ぼくのかんがえたサーヴァント」とか、「ぼくのかんがえた魔法少女」とか、それを考えさせるモノには、魔力としか呼びようのない何かがあります。


以上の条件を元に、中二武器を考えてみました。
ここ以降はメタな解説は無しで最後までクライマックスで行くぜ!

----------------------
その@

協奏の鞘(コンチェルト)

奏魔王の王器がひとつ。『主楽器を引き立てるためにのみ他の楽器が存在する』という概念を拡大した鞘。鞘とは言うが、実際の形状は筒、と言った方がよいか。
「協奏の鞘」には複数の武器を収納する。すると、そのうちで最も強い武器の能力が格段に強化されるが、その他の武器は「武器としての概念」が劣化し、刃は欠け、鉄は曲がり、魔力や追加効果を失っていく。また、一度強化を行った武器は強化を続けない限り劣化していくので、常に武器を補充しなければならない。

『大規模・多楽章』の概念を拡大し、「無限」の概念能力を持つ「交響の魔弾(シンフォニー)」や、『提示された旋律を複製・模倣する』概念を拡大し、無数に分裂するた「遁走の短剣(フーガ)」があれば補充については気にしなくてもよくなるが、それだけの能力を持つ武器を「伴奏」にできるのは、同じ王器でなくてはならないだろう。


----------------------
そのA

灰かぶりの靴(サンドリヨン)

「強欲」を司るガラス製の靴。色は赤。
この靴を履いて自分を含む何かに触れた場合、その容姿を自由に変更できる。容姿の変更は外見だけでなく、肉体的・物理的な能力を再現できる。虫の姿に変えて踏みつぶせばそれで相手を殺せるし、木の葉を金貨に変えて豪遊することも可能な強欲の靴。
ただし、使用に関して二つの制限がある。
まず使用する者は「乙女」でなくてはならない。肉体的に乙女であっても、日付を越えて男の寝所にいるような者は乙女とは言えず、その魔力を失ってしまう。
そして、その靴が履けなくては使えないが、魔力を使用した文だけ、足は肥大化していくため、履き続けるためには足を削り、切り、抉り続けなければならない。この靴の赤は、歴代所有者の流した「赤」なのである。

武器としての性能は高く、絶大な攻撃力を誇る「白雪の鏡」に対して特に有効だが、その性質上、好色を司る「野萵苣の塔」に対しては相性が悪く、「眠りの糸車」にはそもそも効果がない。




……うん、まだまだ上が目指せると思いました!
中二力マスターへの道は険しい……


posted by 牧田 翠 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。